パチンコ誕生博物館へようこそ!!

展示
展示@
展示A
展示B
展示C
展示D
展示E
展示F
展示G
展 示F  第6室 2階


正村ゲージの真実


戦後、センターケースのオール物の発明で、様々な釘配列が生まれ、正村ゲージが誕生する。正村ゲージは正村竹一の発明と言われるが、調査の結果、正村商会より早く、他社が正村ゲージ台を製造していることがわかった。
この部屋は、収集した正村製パチンコ台と、ニセ物の正村製パチンコ台他を展示。さらに当時の映画に記録された正村ゲージ、新聞写真、新聞広告他を展示。
これらにより正村ゲージの真実を解き明かすものである。



映画で紐解く 正村ゲージ誕生@





闇市時代の1949(昭和24)年に封切られた、黒澤明監督の映画「野良犬」に、映画史上初めてパチンコが登場する。それは露店の遊技場で、ほんの一瞬だが、長崎一男により自動化される以前の丸いセンターケースが映し出される。






1951(昭和26)年の山本嘉次郎監督の映画「ホープさん」に登場する正村ゲージの台は、正村商会製ではない。
スクリーンに映し出されるメーカー不明のこの台は、正村商会が株式会社となる以前のものである。





1952(昭和27)年1月発行の『パチンコ必勝讀本』の表紙には、モナミの正村ゲージ台が使われている。同書には、当時、モナミの台が一番人気があったと記されている。



映画で紐解く 正村ゲージ誕生A




1952(昭和27)年1月4日の朝日新聞には、正村商会の記事が載っている。同新聞の写真には正村商会と記されていないが、写っている台には、正村ゲージの代名詞とも言える「天四本」の部分に風車が取り付けられるようになっている。









1952(昭和27)年4月公開の映画「殺人容疑者」(鈴木英夫監督)には、東京銀座のモナミ系列のパチンコ店「太陽」が登場し、モナミ製の正村ゲージ台が映し出される。




1955(昭和30)年4月1日から、連発式禁止令が施行され、全国の連発式パチンコ台が廃棄処分となる。左図は翌4月2日の朝日新聞の記事である。記事に添えられた写真には、廃棄された当時大量に出回っていたオール10のパチンコ台が写っている。
この写真のオール10は、正村ゲージではなく、下の「幻の正村商会製オール10」と同じゲージ配列のパチンコ台である。
正村商会は、他社同様、正村ゲージとともに、当時のオーソドックスなオール10のパチンコ台も製造していたのである。



幻の正村商会製オール10
1952(昭和27)年頃

正村ゲージはオール10から始まったといわれている。
だが、「正村竹一資料室パチンコミュージアム」には、オール10は展示されていなかった。
正村商会のオール10は、おそらく現存していないと思われていた。
だが、私はオール10を発見した。
それは正村ゲージではなかった。
この台のゲージ配列は、1955(昭和30)年の連発式禁止時の、朝日新聞の記事等に見られるオーソドックスなオール10である。
正村商会の二代目正村勝一氏と、正村竹一の一代記『天の釘』の著者でパチンコミュージアムをプロデュースした鈴木笑子氏は、この台をニセ物と断定した。その理由は、部品のいたる所に正村の刻印があることによるという。
ついでに記すと、『天の釘』に載っている正村ゲージオール15は連発式禁止後に、メーカーとして立ちゆかなくなった正村商会が、苦し紛れにセンターケース下に入賞口を一つ増やした正村ゲージとは呼べないものである。これについて、勝一氏と鈴木氏は、日工組の武内国栄氏がこれを正村ゲージの典型としているのだから、正村ゲージなのであると語っている。
私は、幻の正村商会製オール10に貼られたネームプレートから、これは絶対に正村商会製と確信している。正村竹一はニセの正村台を防ぐため、1953(昭和28)年3月30日、新たなネームプレートをデザインし、意匠登録の申請を行っている。この意匠は同年8月5日に登録されている。



謎の釘痕のある正村ゲージ台

下の二つの正村ゲージオール15の、天釘の上の半円に打たれた釘痕を、当博物館にお越しになって、ぜひご覧いただきたい。
私は、この台を、自著『パチンコ誕生 シネマの世紀の大衆娯楽』に載せ、正村ゲージを説明しているのだが、この台もまた、正村勝一氏と鈴木笑子氏にニセ物と断定されている。
この天釘上の釘痕は、実際に釘が打たれていたのではなく、セル版に釘の痕を付けただけなのである。実はこれが最初の正村ゲージ台なのである。
なぜ、このような釘痕を付けたのであろうか?
当博物館で、私が直接ご説明いたします。





 
正村勝一氏と鈴木笑子氏にニセ物と断定
された、天釘上に釘痕のある本物の正村
商会製オール15(昭和26〜27年)


ニセ正村商会製オール15、1952(昭和27)年頃。
天釘上の釘痕まで真似た、村正商会製の完全なニセ物。
貼られている正村商会のネームプレートの住所を電話帳他で詳しく調べると、昭和27年頃の製造と判明。正村商会は他社がニセ物を作るほど、昭和27年に天釘上に謎の釘痕のある正村ゲージ台を量産していた。